日日是好日~税理士奮闘日記~

税理士試験と税務実務とそれにまつわることを徒然なるままに書いていくブログ

TAC全国統一公開模擬試験結果

昨日、TAC全国統一公開模擬試験の答案が郵送で返却されました。

 

理論18点 51% B判定

計算30点 10% S判定

合計48点

総評A判定 29%

 

という結果でした。

 

見ての通り、理論でコケてしまい足を引っ張る結果です。計算に時間を取られすぎたこと、理論を書くスピードと判断スピードが足りないことが点数が伸びていない理由かもしれません。

 

今回の判定ですが、噂では例年よりも甘めの判定と言われていますね。実は初めての他校の模試を受験するということで、判定の目標は低く見積もってB判定、あるいは30%内を目標に据えていました。

 

一応30%には入れたので、目標には達成しているのですが、A判定は確かに思ったよりも甘めかもしれません。本来ならBくらいでしょう。

 

とはいえ、総評よりも気にしているのは点数の取り方の方です。計算はおよそ10%に入り、一定の安定感は保てているのかなと。理論は毎年何処かでコケてます。

 

全日制の講師が仰っていたことをいつも思い出します。

「とにかく計算やからな。みんな理論にもっていかれるけどな。」

相続税の勉強していた際受けたアドバイスでしたが、恐らく科目共通ではないかと今では思います。

 

理論は弱点があぶり出されたと思って次に繋げるしかないですね。思えば合格年の全統の成績は良い成績でしたが、安心することは全くありませんでした。安心のために模試を受けるのではないとつくづく思い知らされますね。

 

 

広告を非表示にする